ホノルルロータリークラブ訪問旅行(2016年2月25日~29日)

東京新橋ロータリクラブの姉妹クラブであるホノルルロータリークラブ創立100周年の記念式典が2016年2月26日に開催されるのを機に、東京新橋RCでは2月25日~29日をコア期間として、柴孝也団長以下28名(会員20名、家族会員7名と事務局の桜井さんを含む)がホノルルRC訪問旅行に参加した。2月は雨季期間で天候が心配されたが、ホノルル滞在中雨は一度も降らず、気温も1月に訪問したカンボジアほど高くもなく、さらっとした常夏のハワイを満喫できたのは何よりでした。

25日(木)の朝9時半頃ホノルルに到着し、そのまま宿泊予定のヒルトンホテルを経由して歓迎昼食会会場のワイアラエカントリークラブに向かった。ここは毎年1月ソニーオープンゴルフが開催される海岸沿いの名門コースとして知られている。ここのクラブハウスで開催された歓迎会にはわがクラブの他にホノルルRCの姉妹クラブである台北RC、韓国の釜山RC、京都RCのメンバーが出席している。 歓迎昼食会ではナンシー・ペース パスト会長の開会のあいさつの中で、ホノルルRCの重要な奉仕活動の一つとして、カンボジアのバイヨン中学校の建設支援について触れられ、この奉仕事業は4年前に新橋RCから紹介を受け、今日まで継続して子どもたちを支援している経緯について丁寧に説明され、新橋RCの皆さんもうなずいていた。当会場にはモニター画面でカンボジア支援活動、ホノルルRCによる新橋RC訪問(2013年4月)、2012年2月の新橋RCによるホノルルRC訪問等の映像が流されていた。各クラブ紹介に際して我々は柴会長のリードのもと鉄道唱歌「汽笛一声」の1番を歌い、出席者から大好評であった。そしてリック・トウィル会長エレクトによる挨拶のあとフラダンスの実演指導があり、新橋RCからは柴会長のほか井上会員、内海会員が指名され、何とも“なまめかしい”フラダンスを披露した。

記念品贈呈(歓迎昼食会にて)

記念品贈呈(歓迎昼食会にて)

歓迎昼食会

歓迎昼食会

歓迎昼食会

歓迎昼食会

26日(金)午前中はホノルルRC主催でゴルフコンペとショッピング観光が開催された。私はショッピング観光に参加したが、ホテル前にホノルルRCの裕子会員が白いロングのリムジン2台を率いて迎えに来られたのにはびっくり。新橋の他、台北、釜山RCの会員も加わりニーマンマーカス(高級百貨店)の中のオーシャンビューのレストランにて朝食会が開催された。食事後ファッションショーが催され、数百万円の装飾品をつけた美しいモデルが我々の席の前に優雅な身のこなしで現れ、うっとりとした男性会員もいた。 午後5時過ぎからいよいよホノルルRC100周年記念式典がヒルトンホテルで開催された。1時間程度はウェルカムドリンクで出席者相互の懇談が行われた。私が会場でたまたま話した相手が、式典のあいさつに登場し、現在のホノルルRCの会長であるギャレット・グレース氏であることが分かりびっくりもした。式典は6時から9時過ぎまで行われた。式典の中で印象的だったのは94-95年ホノルルRC会長でパスト地区ガバナーのLindaCoble女史(しゃべりぷりはニュースキャスターそのもの)から「What Rotary Means to Me」との話があり、その中で、95年2月に自分が会長の時に新橋RCとの姉妹クラブ調印式が行われたことについて熱く語られていたことである。

100周年式典 Grace会長夫妻(後列左)、Dewitz夫妻(前列中央)と一緒に。

100周年式典 Grace会長夫妻(後列左)、Dewitz夫妻(前列中央)と一緒に。

100周年イベント

100周年イベント

翌日27日(土)は新橋RCのゴルフ大会に16名が参加、5名がノースショア観光に出かけた。夜はホテル内でシーフードの夕食会に23名が出席し柴会長からねぎらいの挨拶があった。こうしてコアの3日間はあっという間であったが、各自楽しい思い出を沢山作り、無事29日(月)の夕方に帰国した。鞍掛幹事お疲れ様でした。(文責 長野 洋)

ゴルフ大会

ゴルフ大会

ノースショア観光

ノースショア観光

<訪問団構成>

団長:柴孝也 副団長:三宅壽

幹事:鞍掛三津雄 副幹事:金澤洋

救護:阪口耀子

記録:長野洋 写真:内海基二 ビデオ:金澤洋

事務局:桜井利恵子

団員:井上智雄、今泉有仁、猪山敏郎、上田啓子、小西悦郎、坂本正彦、篠塚香苗、竹谷嘉彦、垂澤清三、中西英一郎、中根正紀、藤永忠利、森本幸子、 (敬称略)

2016-03-04 | Posted in 奉仕活動No Comments »