クラブ概要

2016年-2017年度標語

「みんなで繋ごう 奉仕の和」

会長挨拶

2016年度はじめに

会長 長尾 正平

phm15_0785-s

東京新橋ロータリークラブの運営にあたっては国際ロータリーと国際ロータリー2750地区の運営方針を尊重して運営してまいります。

 (国際ロータリー活動方針)
国際ロータリーではジョンFジャーム会長がポールハリスが信じたのと同じように、人生の最大の目的は人類に奉仕することだと信じ「人類に奉仕するロータリー」をテーマにされました。

 (国際ロータリー2750地区活動方針)
2750地区では大槻ガバナーがRIテーマを踏まえて「奉仕の哲学を実施しよう」を2750地区に運営方針とされました。

 (東京新橋ロータリークラブの運営方針)
 RI及び2750地区の運営方針を受けて新橋ロータリークラブは「みんなで繋ごう、奉仕の和」を本年度の標語といたしました。親睦を深め、そこからみんなで和して、和やかに奉仕活動を実践しようとの目標であります。そして創立以来の精神である誇り高きクラブを目指して「1に親睦、2に親睦」を合言葉として、特色ある和気藹々とした親睦活動、奉仕活動をクラブ運営の柱といたします。具体的な活動としては戦略計画達成のため①会員の増強・維持と60人以上の体制の実現 ②財務の健全化 ③奉仕活動の活性化(継続事業の新潟県柿崎地区棚田を守る会の支援、カンボジア・アンコール地区子供たちの識字率向上の支援、インターシップ事業の支援、青少年交換学生の受入れ事業等のいずれかの事業への全員参加)④情報の共有化・人材育成 ⑤委員会活動の活性化の5項目の課題実現に取り組んでまいります。なお、本年度は大きな課題として、2016年国際規定審議会の規定改正により東京新橋ロータリークラブの今後の在り方について検討する必要が生じましたので、委員会を設置し会員のお知恵を拝借しながら検討したいと考えております。