クラブ概要

2018-2019年度標語

「善きことを皆で楽しく」

会長挨拶

2018-19年度のはじめに

会長 松井 秀文

phm15_0785-s

(運営方針)
創立の精神である「誇り高きクラブを目指して一に親睦、二に親睦」という伝統を引き継ぐとともに、クラブのターゲットである「街に緑と水を」のもと、奉仕活動の輪を拡げ、会員皆が楽しみながら活動を行い、誇りと喜びを持ち続けられる和気藹々としたクラブ運営を進めてまいります。

 具体的運営として以下の活動を推進します。

  1. 親睦の機会等を通して、会員相互のコミュニケーションがよく、和気藹々としたクラブであること。更に、ロータリー情報や地区情報の共有化を図っていく。
  2. クラブターゲットである「街に緑と水を」を念頭に、環境に関わる奉仕活動や弱い立場にある子ども達等を支援する社会奉仕活動、国際奉仕活動等五大奉仕活動を継続するとともに、更に充実させる。
  3. 健全なクラブ運営のためにも会員の増強を行い、純増を目指す。また新入会員にとっても価値の感じられるクラブ運営を図る。
  4. 委員会活動に会員が積極的に参加し、情報の共有化を図る。
  5. 地区のロータリーデイに参加するとともに対外的発信力を高めるべく、社会公共活動に力を入れ、当クラブの認知度を向上させる。
  6. ロータリー財団と米山奨学の目標の達成に努める。
  7. 健全な財務基盤を維持していく。

(国際ロータリー活動方針)
 バリー・ラシンRI会長のテーマ
 「BE THE INSPIRATION」

(国際ロータリー2750地区活動方針)
 2750地区服部陽子ガバナーのテーマ
「インスピレーションになれるロータリークラブに!」